『神主の遺言』

『統合神道』唯一の神主のブログ。それぞれが「本当の私」と出会い、精神的な苦しみから脱して、自分らしい人生を送れるヒントを語ります。

祝福の意味

おはようございます。

 

 

私は神社の神主ではありますが、

 

キリスト教の「聖書」が大好きです。

 

日本とは違った世界の成り立ちに触れ、またイエス様のお言葉、ご事績に敬意を抱いています。

 

最近では、youtubeで聖書の解説などもあるので、時間がある時に視聴しています。

 

できれば、時間を作って教会を訪れ、神父様や牧師様のお話を伺いたいとも願っています。

 

「聖書」に触れるようになったのは、大学生の頃からだったと思いますが、

 

その頃から、一番気になっていた言葉がありました。

 

それが「祝福」という言葉です。

 

 

 

創世記1章22節 神はこれらを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、海の水に満ちよ、また鳥は地にふえよ」。

 

創世記25章11節 アブラハムが死んだ後、神はその子イサクを祝福された。イサクはベエル・ラハイ・ロイのほとりに住んだ。

 

 

 

など、この「祝福」という言葉は本当に頻繁に出てきます。

 

そして、この言葉を辞書で調べてみると、「神がみずらかの恵みを授けること」とあります。

 

でも、私はずーっとこの意味がわかりませんでした。

 

なんで、お祝いするんだろう??と・・・

 

お祝いすることが、恵みを授けることとなんでつながるのだろう??

 

そんな疑問を抱きながら、私は神主として、神明に奉仕していたのです。

 

すると、ある時、あることに気づきました。

 

それは、「祝詞」という言葉です。

 

私は毎日、神様に対して、「祝詞」を奏上しています。

 

そして、この「祝詞」とは、本来、「お願い事」を神様に申し上げる言葉ではなく、

 

神様を称える言葉として使われていました。

 

神様は立派です、素晴らしいです、と神様を褒めたたえることよって、さらにそのお力を強くされ、

 

私たちにお恵みを与えて下さると昔の人は考えたのです。

 

そこで、この聖書の「祝福」という言葉が、再び思い起こされました。

 

なるほど・・・、これは、聖書における神は、人間を「称えた」のだな。と・・・・

 

もう少し掘り下げると、「称える」というのは、存在を「認める」ということだと思います。

 

つまり、「あなたは今生きている。命を有している。その素晴らしさを称え、認める」

 

神から今生きていることを称えられ、認められるというのは、そのままその恵みを頂くということになります。

 

 

今命が有ることのすばらしさ、それに気づけば、自然とお祝いしたくなるのは当然です。

 

だから「祝福」だのだと、腑に落ちたのです。

 

生きていることは、まさに幸福であり、それは最高に喜ばしいことだということです。

 

聖書の「祝福」という言葉、そして日本の神道の「祝詞」という言葉から、

 

命という奇跡のありがたさを学ぶことができました。

 

 

神は私たちを祝福されています。

 

それでは。