『神主の遺言』

『統合神道』唯一の神主のブログ。それぞれが「本当の私」と出会い、精神的な苦しみから脱して、自分らしい人生を送れるヒントを語ります。

愛を前提とする集団

おはようございます。

ご訪問ありがとうございます。

今日はなんとなく、止めどない感じの投稿になると思いますが、

ご容赦願います。

 

 

私は「どんな性格?」と聞かれた場合、

間違いなく「寂しがり屋の独り好き」と答えています。

ホントにこれが当たっているのです。

 

誰かに猛烈に構って欲しいと思う時もあれば、

完全に放っておいて欲しいと思う時もある・・・

自分勝手と言えば、そうなのですが、

それが私なのだがら仕方ないのです。

 

私は大学の時に運動系のサークルに所属していたのですが、

そこでの「同期」(同輩)というのは、やはり特別な存在になってきます。

ただ一緒のスポーツをしているというだけでなく、

私のサークルは合宿に2ヶ月近く寝泊りも一緒で、

お互いの深い部分までわかってくるものです。

 

ですから、私の「寂しがり屋の独り好き」というのも、同期にはバレバレで、

「今、泉(私)はみんなといたいんだな。」とか「今独りにして欲しいんだな。」

 

みたいに、私の様子を見てうまく距離を取ってくれていました。

 

ただ、ここに行きつくには、それなりの「時間」がかかったし、

いきなり1年生の時からこんな感じではありませんでした。

大学4年間という結構長い時間の中で、

メンバー同士で「お互いを知ろう」という努力を重ねたからこその話です。

 

そして、「私はこういう人間なんです」

ということを相手に伝えたから、分かってくれた部分も山のようにあって、

そうでないと、相手は(ここからが非常に重要です)

 

「どうしていいのかわからない」

 

のです。(あたり前なんですけどね)

つまり、私で言えば、「今は構って欲しい」「今は放っておいて欲しい」

どちらからのオーラのようなものが出ていたとしても、

【分離】している「他人」からしてみると、

 

「んんん???なんか様子が何時と違うけど、どうしよう・・・」

「ここは何もしないでそっとしておいてあげよう」

或いは

「話しかけてみようかなぁ~」

 

みたいに、どうしていいのかわからず・・・

結局の所「何もしない」という選択を取ることが多いわけです。

なぜなら「相手を大切に思っているから」です。

相手(つまり私)の事を大切に思ってくれているからこそ、

「何もしない」でいてくれているというわけです。

 

でも、私としてはその「何もしない」という相手の態度を見ていると・・・

なんとなく疎外感や孤独感みたいなものが沸き上がり、

相手が私の事を思って「何もしない」でいてくれているというその「優しさ」には気づかず、逆に妙な攻撃的な感情が沸き上がり、或いはそんな自分を責めたり、うんざりしてしまうことがあるわけです。

 

しかし、やはりここで、注目したいのは、

「私たちは相手の気持ちを100%理解することができない」

という大原則です。

【分離】した「他人」には、どんなにわかり合った相手であっても、

相手の気持ちを完全にくみ取ることはできません。

 

しかし、しかしですよ、

そうであっても、私で言えば、当時のサークルの同期というのは、

誤解を恐れず言えば・・・

「甘えていい相手」でした。

つまり、「寂しがり屋の独り好き」という自分勝手な性格を、

隠す必要も、悪びれる必要もなかったのです。

なぜなら、理由はただ一つ「同期だったから」です。

 

相手を支えるのが当たり前だったし、逆に支えられるのが当たり前だったのです。

そうしなければ、あの過酷なサークル活動をチームで乗り切ることができなかったのです。

 

甘えることは悪い事である。みたいに思われがちです。

私だって、初めて会う人や、社会に出た時に、

こうした性格であることを、いきなり披露して、

「私に気を遣ってください!」なんて言うことはいたしません。

 

しかし、お互いを愛し、信頼しているチームや家族の場合、

逆にそれを我慢したり、はっきりと思いを伝えないことによって、

憶測や勘繰りが行き交い、

結局良い方向へ物事が進まない場合があるわけです。

むしろチームや家族という人の集まりの場合は、

「今私はこうして欲しい」という、

その時は甘えやわがまま、恥ずかしいことに見えることであっても、

相手を「愛している」という前提によって成り立っている集団であれば、

むしろその集団にとって、その主張は、決して迷惑なものではなく、

逆に全体の結束を強め、個々の役割を明確化させるよい材料になると思います。

そして、もちろん相手に対して、今度は私が何ができるか。

という考えが生まれ、さらに良い関係が構築されるうように思うのです。

 

 

今日はふと、昔を思い出し、そんなことを考えてみました。

それでは今日はここまで。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。