『神主の遺言』

『統合神道』唯一の神主のブログ。それぞれが「本当の私」と出会い、精神的な苦しみから脱して、自分らしい人生を送れるヒントを語ります。

大事なことなので、何度でも^^

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

 

 

私は海外に遊びに行くのが好きで、

だいたい2年に1回くらいのペースで海外旅行に行きます。

お決まりの観光地などを巡るわけですが、

必ずその国の宗教施設には、お邪魔するようにしています。

日本も海外も変わりませんが、

本当に信心深い人というのはいて、

一心に神や仏に向かって祈りを捧げている人を目にします。

 

本当に綺麗ごとでも、おべんちゃらでもなく、

私は、こういう「祈っている人」の姿こそ尊いと思うので、

その人に頭を垂れたくなるくらいです。

「見えないモノ」に対して、こうして祈りを捧げることができるのは、

まさに人間にしかできない業です。

 

フィリピンに行った時、ある教会を訪れました。

たくさんの人が熱心に祈りを捧げています。

すると、いかにも地元のやんちゃグループみたいな、

若い青年3人組がやってきて、

「ん?なんかいたずらでもするのかな??」

なんて思ったのですが・・・とんでもない。

3人ともイエス様の像にキスをして、

サッと十字を切ってその場を去っていきました。(ゴメンね青年たち)

 

その時、イエス様、そして青年たちが持つ、

純粋性に触れることで、私自身が深く癒されたというわけです。

つまり、3者が一体となった瞬間。ということです。

 

私は「それ」が尊いと思うのです。

確かにイエス様の教えは尊いです。

そして多くの人の救いとなっています。

しかし、私たち人間そのものが尊いのです。

決して、神や仏、教祖・開祖、導師、指導者、先生・・・

という何か肩書のようなものがついているから尊いのではなく、

私たちは存在しているだけで尊いのです。

それを忘れないようにするために、

神社には鏡が「こっちを向いて」置かれているというわけです。

しかし・・・

どうしても私たちは、自分が「卑小」な存在であると錯覚してしまう。

色々なネガティブな出来事によって、その思い込みを強くしていくのです。

 

そして、「この神・仏は偉いんです!」

なんて言われると、「ははぁ~」となってしまう。

そして、この偉いとされる神や仏にすがることによって「利益」が得られ、

その「卑小」な自分にも幸福がもたらされると教えられる。

 

違う!!!!!!!!!!!!

 

私たちは今こうしているだけで尊い存在です。

目の前の祈りを捧げている対象である神と寸分違わず、尊い存在なのです。

だから私は・・・

 

神でも仏でもなんでも、

「尊敬しても、崇拝するな!」

と言っているのです。

 

神主が「拝むな!」と言っているのです。

「おいおい」と思うかも知れませんが、これが真理です。

「拝む」というより「崇拝」です。

 

だって、神や仏は、そもそも「崇拝」されようと思って、

人々に教えを授けているわけではありません。

或いは仏教で言えば、自分が偉いと思われるために、

お坊さんは厳しい修行を積んでいるのではありません。

 

ただ人のため・・・

 

ただ人のために、己のできることを追求なさっているから、

神や仏、高僧と呼ばれるようになっているのです。

 

「崇拝」して欲しい。というのは、

ズバリ「悪魔の望み」なのです。

悪魔が一番欲しているのが、

まさに「崇拝」です。

なぜなら、悪魔は「自分が嫌い」だからです。

だから、他人に「拝んで」欲しいのです。

 

つまりこれでお分かりと思います。

神も仏も、悪魔も・・・

「私たちの中にいる」

ということです。

私たちの心の在り方が、

神にもなり、悪魔にもなるのです。

 

悪魔にこの身を窶さない方法はたった一つ・・・

何度も何度も申します。

 

「私たちは今こうしているだけで尊い存在」である。

 

ということを、知ることです。

それを知ることで、悪魔は勝手にしぼんでいきます。

 

そしてそんな尊い自分という存在、

そして周りの多くの存在に対し、

どう真摯に向き合い、愛情を傾けるかを考え始めます。

つまり

ただ人のため・・・

という生き方になるのです。

そして、もうお気づきのお通りこの「人」とは自分も含まれるということです。

即ち・・・

「他者」がいなくなるということです。

こうなると、いよいよ、神や仏の領域へと入っていきます。

 

「はい!私にはムリ・・・」

 

と思ったでしょう???(ニヤリ)

それが、自己を卑小に捉えている証拠です^^

 

できます。

誰もが神や仏の領域に住む人間になれます。

というより、既になっているのです。

そうさせないのは、何度も言うように、

自分を小さく捉える錯覚が原因なのです。

 

「私とは一体何者なのか?」

その問いに挑み続ける「等身大の自己」こそ、

まさに「神の似姿」なのです。

(↑ちょっと難しいなぁ~)

 

 

それでは今日はここまで。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

それではまた!