『神主の遺言』

『統合神道』唯一の神主のブログ。それぞれが「本当の私」と出会い、精神的な苦しみから脱して、自分らしい人生を送れるヒントを語ります。

「神の声」は誰でも聞けます

こんにちは。

 

 

「神の声」という言葉があります。

 

この他にも「神託」とか「託宣」とか言ったりもします。

 

これって、神様がそのご意思やご命令を、人に授けると言ったものだと思います。

 

実は「神主」というのは、神様を自分に乗り移らせて、その言葉を人々に示す役割も持っていたそうです。

 

他にも、例えば巫(かんなぎ)と呼ばれる女性なども、神の声を聞くことができた人々です。

 

青森のイタコや、沖縄のユタなんかも、やはり同じように、神の声を聞ける人たちです。

 

しかし

 

実はこの「神の声」は誰でも聞くことができます。

 

「え??そんな能力私にはない!」

 

と思わると思いますが、そんなことはありません。誰でも「神の声」は聞くことができます。

 

その声はあなたの「好き」に隠されています。

 

私たちは、「理由なき好き」と「理由のある好き」の二つの「好き」を持っています。(その逆の「嫌い」も二つありますが今は置いておきます)

 

始めに後者から説明します。

 

「理由のある好き」というのは、例えば・・・

 

みんなに良く思われるから好き

周りの人より自分が優れていると思えるから好き

親などにこれがいいんだよ、と言われたから好き

テレビで有名な人がいいと言っていたから好き などです。

 

一方「理由なき好き」とは、

 

誰に何を言われても好き

これを考えているだけでもワクワクする

これをやっている時は時間が経つのも忘れる

人からは大変だねとか言われても、全然苦にならない などです。

 

人間がこの世界(物理宇宙)に生まれてくる最大の目的は「愛」を確認するためです。

 

自分は「愛」に満ち溢れた存在であるからこそ、それをより理解するために、物理宇宙という「差」のある世界にやってきます。

 

そして、それぞれがオリジナルの愛の確認方法を持っています。

 

ある人は「歌」で、ある人は「政治家」として、ある人は「スポーツ」で、ある人は「母」として、ある人は「職人」として・・・・・

 

自分の中にある「理由なき好き」に素直に従うことによって、自然と天職というものに導かれます。

 

「理由のある好き」は実は「本当の自分」にとっては全然興味がないもので、「差の世界」の「競争」という罠にはまってしまっているだけなのです。

 

 

先日のブログに書いた通り、神も人も実は同じです。

 

もう少し正確なことを言えば、「本当の自分」を神と言っているのです。

 

「理由なき好き」というのは、この「本当の自分」の声(オリジナルの愛の確認方法)なのです。

 

誰かに何を言われようが、かっこ悪かろうが、人から笑われようが、好きなものは好き!

 

だから私はこれに没頭する!

 

という姿勢、つまり「神の声」に従って生きれば、

 

人間は必ず、その「好き」を通じて適した職業と出会い(あるいは創造し)、そしてお金や名誉のためではなく、

 

「本当の自分」というもっとも大切にするべき相手のために人生を使います。(自分を愛するということです)

 

そして、今度はその喜びを他者と分かち合いたいと思うようになります。

 

もっとびっくりすることを言うと、その「他者」さえも、実は「本当の自分」とつながっているのです。

 

そして、その他者に対しても愛を注ぐようになっていきます。

 

「神の声」に従って生きるというのは、こういうことだと私は考えています。

 

ですので・・・

 

「なんで神主になろうと思ったの??」なんかを読むとご理解いただけると思いますが、

 

私は「神道」は「理由なき好き」ではありますが、

 

イジメられないから、人から立派に思われたいからという、「理由のある好き」に基づいて、この神職という仕事に就きました。

 

ですから、苦しみが多く、成果が挙げられないのです。

 

しかしだからこそ、考えることが多く、こうして今までにない「神道の個人救済」という道を開拓しようとしています。

 

そして、それを「人に伝える」というのは、私にとって「理由なき好き」に入ります。

 

ですので、まずはブログで、少しづつ私が発見したことを伝えようと試みているのです。

 

 

どうぞ、これからの時代は、

 

一人ひとりが、「神の声」、つまり「本当の自分の声」に従って生きられるようになって欲しいと思います。

 

それではまた。