『神主の遺言』

『統合神道』唯一の神主のブログ。それぞれが「本当の私」と出会い、精神的な苦しみから脱して、自分らしい人生を送れるヒントを語ります。

神道に「教え」がないは不正確

おはようございます。

 

 

 

さて今日のブログは前回の神様の「教え」の意味の続きです。

 

 

結論から先に申し上げます。

 

神道には「教えがない」とよく言われますが、

 

これは正確な表現とは言えません。

 

正しくは

 

「神道には教えがそもそも必要ない」です。

 

 

 

 

前回のブログで、中東を起源に持つ「宗教」の「教え」は「生きるため」の知恵が詰まっていることを確認しました。

 

しかし日本という国はこうした地域とは大きく環境が異なります。

 

水は豊富にあり、糸を垂れれば魚が釣れ、山には様々な食材があり、種を植えれば秋には収穫ができ・・・

 

そうした本当に恵まれた土地です。(災害は頻発しますが)

 

つまり、他者と協力をし、工夫を凝らし、怠けず働くことことによって、それだけの成果を得られる土地柄だと言えるのです。

 

砂と岩だらけの砂漠の地域とは全く異なる環境です。

 

だから神様と契約し、その教えに従うことによって、命をつなぐことができる。という発想にはならないのです。

 

言ってしまえば、生活が苦しかったり、命が繋げなかったりするのは、土地や環境の問題ではなく、

 

「本人の問題」と捉えらたのです。

 

ということは・・・・

 

「答えは本人の中にある」ということになります。

 

 

 

 

日本にはご存知の通り、「八百万の神々」がいらっしゃいます。


神様一柱ひとはしら、それぞれ個性を持っています。

その個性を活かして、人々を救おうとされています。

 

要は「分業」なさっているとお考え下さい。

 

ということは、今生きている私たちだって、それぞれ個性があります。

 

その個性こそ、あなたが生まれながらに持っている「理由のない好き」なのです。

 

子供のころに熱中し、時間を忘れて没頭した事を思い出してみて下さい。

 

それがあなたの「理由のない好き」です。

 

それがあなたがこの「物理世界(宇宙)」において、

 

自分をより愛し、他人にその愛を分かち、自他ともに幸せになるための「手段」なのです。

 

「お金」はその「手段」を扶けるために存在するものです。

 

ですから、あなたがその「手段」に気づき、実践すれば、「お金」は自然とあなたの元へやってくるはずです。

 

でも子供の頃にやっていたことなんて、お金にならない、人から認められない、親から反対される、ダサいと思われる・・・云々

 

と思う人も多いと思います。

 

大丈夫です。そんなことはありません。最初はそうでもやがてそれはお金を産みだします。

 

そして何より、あなたの心が平安になります。

 

少し難しいことを言いますが、

 

「今に集中」できるようになります。

 

この「今」という瞬間が、愛や幸せと直接つながっているのです。

 

 

 

 

どうでしょう。

 

これでお分かりの通り、

 

私たちの国日本は、「それぞれの中に良さがあり、それを活かすことが、その人の人生の幸福につながる」

 

という考えがあるのです。

 

ここで重要ななのが、「それぞれの中に良さがあり」という所です。

 

これこそ、まさに「神道の目」です。

 

「それぞれはバラバラに分離しているが、その中に良い面がある」ということです。

 

その「良い面」こそ、あなたがもっている「理由のない好き」というわけです。

 

ですから、神様や教祖様、学校の先生やどこかの偉い人、もちろん親や親せき、果ては自己啓発の本やその指導者・・・

 

こうした人たちに、あなたの「良い面」はこれです。といちいち言われるまでもなく、

 

ましてや、こうした人たちの言うことを聞くことによって、幸せになれたり、お金持ちになれたりすることはないのです。

 

すべては「あなたが知っている事」なのです。

 

だから、日本の神道には「教え」が必要ないのです。

 

 

ご理解いただけましたでしょうか?

 

是非是非何度かお読みいただき、ご自分が素晴らしい存在であることにお気づき下さい。

 

私も一緒にそういたします。

 

 

 

それでは。