『神主の遺言』

『統合神道』唯一の神主のブログ。それぞれが「本当の私」と出会い、精神的な苦しみから脱して、自分らしい人生を送れるヒントを語ります。

私たちが持っているもの

こんばんは。

ご訪問ありがとうございます。

 

 

ヘレンケラーという人の名前を聞いたことがあると思います。

自身が視覚と聴覚に障害を持っていましたが、教育と福祉の発展に尽力した人物です。

 

 

幼いころの彼女は、些細なことですぐに怒り、

表現は悪いですが・・・獣のようだった・・・・と聞いたことがあります。

しかし両親やよき指導者に恵まれ、彼女はあるものを手に入れました。

それが【言葉】でした。

視覚・聴覚に障害を負っていたため、健常者のように言葉を習得することが難しかった彼女は、それまで【言葉】というものを知らなかったのです。

ところが、指文字などを用いて言葉を知り、そして彼女は話すことができるようになったのです。

すると、獣のようだった彼女が、みるみるうちに利発な少女へと変貌し、

やがて高い学識を得て、冒頭述べた通り教育・福祉の発展に寄与し、

彼女は「奇跡の人」とまで言われるようになりました。

 

非常に印象的な言葉を覚えています。

昭和12年、彼女が日本にやってきた時の事です。

ちょうど彼女が日本に来た時、季節は春真っ盛り、桜が咲き誇っていました。

介添えの人に手を引かれ、彼女は桜の枝に手を伸ばしました。

そして・・・

「これが日本の心なのねぇ」

としみじみと語ったのです。

 

 

みなさんもうお気づきだと思います。

もし、彼女が【言葉】を習得しないままでいたら、

桜の枝に触れ、それが「何か」を認識できず、

その桜の枝でさえ、恐れて牙をむきだして怒ったかも知れません。

しかし【言葉】があったから、それを何であるか認識し、

そして「日本の心」であることを感じとれたのです。

 

【言葉】・・・・・

それはこの世界(「物理宇宙(世界)」を認識するためにあります。

目の前にあるものが、一体何なのか。それに一つづつ名前があるから、

世界を「整理」してみることができるのです。

しかし【言葉】がなければ、それが何なのかわからない。

だから言葉を習得する以前の彼女は獣のように、怯え怒ったのです。

つまり【言葉】とは、混沌を秩序へと導くために、

私たち人間だけが持つことが許されたものなのです。

 

しかし、私たちはこの【言葉】が、今述べたように、

どれだけの奇跡が重なり、今こうして手にしているかを忘れてしまいます。

まさに「あって当たり前」という傲慢です。

そして、これをゾンザイに扱ってしまうのです。

 

他人と・・・そして自分を傷つけるために【言葉】を使うようになってしまうのです。

時に【言葉】はおろしたてのカミソリのように鋭く、

時に【言葉】はアイスピックのように尖り、

時に【言葉】はよく鍛えた日本刀のような切れ味を持ちます。

或いは、鉈のように力強く、矢じりのように的を目掛け、のこぎりのように切り刻みます。

 

カミソリもアイスピックも日本刀も・・・

人間の生活を助け、より豊かにし、命を守るために存在しているのに、

それを誤った方法で使うのと同じように、

私たちは【言葉】を人を傷つけるために使ってしまうのです。

 

 

今一度確認しましょう。尊い犠牲から学びましょう。

私たちは、この「物理宇宙(世界)」という最高のフィールドを認知するために、

そして「これが日本の心なのねぇ」と分離した相手を思いやり、互いの心を通わすために手にしたものが何なのかを・・・・

 

 

 

木村花さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

最後までお読み頂きありがとうございます。

それでは。